Siv3D March 2014 をリリースしました

Siv3D アップデート March 2014 をリリースしました。
January 2014 から 2 か月ぶりの更新です。

ダウンロードはこちら→ Play Siv3D! | Siv3D のダウンロード
更新内容一覧は Play Siv3D! | What's New で確認できます。

主な新機能を 7 つ紹介します。

Leap Motion


Leap Motion SDK と連係するためのアドオンを用意しています。

OBJ モデル


OBJ 形式の 3D モデルファイルの読み込みに対応します。

シリアル 通信


シリアル通信で Arduino などのデバイスに接続できます。

3D 交差判定


Vec3, Ray, Box, Sphere どうしの交差判定に対応します。
Mouse::Ray() でマウスのレイを取得できます。

AVI 出力


Image から圧縮/非圧縮 AVI ファイルを作成します。

ツイート


指定した文字列をつぶやく Twitter ページをブラウザで開きます。

Image to Polygon


画像の非透過部分から単一の Polygon を作成します。
画像と図形の粗いあたり判定に便利です。

サンプルは順次 Play Siv3D! に掲載します。